カテゴリー
Facebook Topics

クルマ屋さんのための「収益アップ」コラム

クルマ屋さんのための「収益アップ」コラム

弊社コンサルタントが担当した、サービス入庫促進のための顧客フォローDMにより、利益が上がり経営が改善された自動車整備工場での実例をご紹介します。

[ 自動車 整備工場規模 ]

・サービス人員4名(フロント1名、整備士3名)
・基盤顧客1500人
2~3月の繁忙期を前に、取り組み前との比較で143%(月平均)の利益UPに成功いたしました。

縮小していく自動車業界、整備工場、経営の未来に危機感を感じていた経営者さま。
今後、自社の整備工場が生き残るためにはまず、なによりも【 既存顧客の離脱防止 】を最優先事項として、経営改善をおこない見事に成功された自動車整備工場でのお話しです。
半年後の繁忙期に向かって今から実践してみませんか?

https://cass.cb-lab.co.jp/column/management/car_column28.php

カテゴリー
Facebook Topics

クルマ屋さんのための「収益アップ」コラム

クルマ屋さんのための「収益アップ」コラム

突然ですが、車屋さんにとっての最大の繁忙期は?
と、尋ねると「それは3月です!」と、お答えになる方がほとんどかと思います。

近年では、このことは一般のお客様にも広く浸透し統計上でも、多くの車が3月に登録されています。また、第2の繁忙期として、9月があり、これから夏休みが終わり、徐々に車の販売台数も増えていきます。

そして、車の代替需要が高まるこの時期、車屋の多くはチャンスを逃すまい!と、あの手この手で、繁忙期の集客UPをはかっています。

しかし、実は繁盛期に「集中して集客をしない」というのが、集客を上げ、車販や利益を増大する重要なポイントなのです。

「えっ、どうして?」と、思われるかもしれません。
でも、良く考えてみていただきたいのです。
https://cass.cb-lab.co.jp/column/management/car_column48.php

カテゴリー
Facebook Topics

クルマ屋さんのための「収益アップ」コラム

クルマ屋さんのための「収益アップ」コラム

より収益性を高めるために、新車や中古車の販売台数をもっと増やしたいと思う車屋さんは多いと思います。

そして、その方法としてまず思いつくのはお金をかけたやり方ではありませんでしょうか?

しかし、販促チラシなどにお金をかけるよりも、まず自社のお客様の乗り換えのニーズはしっかりと獲得できているのかを考えてみましょう。
https://cass.cb-lab.co.jp/column/management/car_column19.php

カテゴリー
Facebook Topics

クルマ屋さんのための「収益アップ」コラム

クルマ屋さんのための「収益アップ」コラム

整備工場の経営者であれば、車検1台あたりの利益をもっと上げたいと思われることも多いのではないでしょうか。

整備工場で車検利益を高めるためには、整備士の悩みとお客様の気持ちの理解したうえで、相違を正しく埋めることが重要です。

このコラムでは、整備士が適切なタイミングで適切な整備提案し、収益を上げる秘訣をお伝えします。
https://cass.cb-lab.co.jp/column/management/car_column08.php

カテゴリー
Facebook Topics

クルマ屋さんのための「収益アップ」コラム

クルマ屋さんのための「収益アップ」コラム

みなさまの会社では役員や社員の中に身内やご親族、ご家族の方はいらっしゃいますでしょうか?

家族経営の会社によくある問題点として、社内に家族がいる場合、どうしても経営方針や数値目標などの共有が疎かになっていたり、大事なことが曖昧なまま経営を続けてしまっているということが見受けられます。

実は、この記事を書かせていただいている私自身も父が飲食店を営んでおり、諸事情により継ぎこそしませんでしたが、若いころ10年ほど父のもとで働いていた経験があります。

経営上必要なことが共有されない原因として、どんなことがあるのでしょうか。
https://cass.cb-lab.co.jp/column/management/car_column51.php