カテゴリー
Facebook Topics

クルマ屋さんのための「収益アップ」コラム

クルマ屋さんのための「収益アップ」コラム

販売店や整備業、SSで車販を強化しようとした際に、極めて重要となるのが買取と下取です。適正な金額で買取・下取した車両を、小売りや業販で販売することで、大きく収益を伸ばすことができますが、避けて通れないのが「査定の技術」を習得することです。

ここでは、査定のスキルアップを目的に、査定の手順や修復歴の見分け方を解説します。こちらのページを参考に、正確にしかも効率よく作業が進められる正しい査定技術を身に付けてください。
https://cass.cb-lab.co.jp/info/appraise/

カテゴリー
Facebook Topics

クルマ屋さんのための「収益アップ」コラム

クルマ屋さんのための「収益アップ」コラム

車検や整備のお客様に自社で車を乗り替えていただけるのは「乗り替えを検討しているときに、タイミングよく、他社よりも魅力的なメリットを提案できた」場合です。

ただし、お客様が乗り替えを検討するタイミングは様々です。お客様のクルマの使用状況や乗り換えに対する気持ちは日々変わりますので、すべてのお客様の代替検討時期を把握するのは不可能といえるでしょう。

従って、そのタイミングを掴むには「定期的なアプローチで顧客接点を増やす」ことが必要になってきますが、実はこれが徹底できている企業様は多くありません。
https://cass.cb-lab.co.jp/column/kibanhakase/kibanhakase_02.php

カテゴリー
Facebook Topics

クルマ屋さんのための「収益アップ」コラム

クルマ屋さんのための「収益アップ」コラム

車検や整備でずっとお付き合いをしている仲の良いお客様。でも乗り換えは別のお店でしてしまう…。整備工場にとって「なんで、あのお客様はうちでクルマを買ってくれないのか?」という誰もが直面する素朴な疑問にお答えしましょう。

この疑問に直面した時、まず皆さんが考えるべきことは、「相談してくれたのに買ってもらえなかった。」のか、それとも「相談もされなかった。」のか、どちらなのかということですです。

もし、前者であれば、お客様への姿勢を見直す必要があります。さてどんなことでしょう?
https://cass.cb-lab.co.jp/column/kibanhakase/kibanhakase_01.php

カテゴリー
Facebook Topics

クルマ屋さんのための「収益アップのヒント」

クルマ屋さんのための「収益アップのヒント」

中古車の販売台数を増やすために、大きな展示場がない整備工場やSSにおいては、お客様から要望いただいた車をオークションで落札する「注文販売」が重要です。

この中古車販売方法は実際に現車が確認できる在庫販売と違って無在庫の車を販売しますので、お客様との信頼関係とお客様のご要望に応える商談力が成功のためのポイントになりますが、残念ながら、販売商談が得意ではないお店では失敗してしまうこともよくあります。

この中古車の注文販売で、店舗でよく発生する「失敗例」は、大きく3つのケースに分けられます。
https://cass.cb-lab.co.jp/column/management/car_column15.php

カテゴリー
Facebook Topics

クルマ屋さんのための「収益アップのヒント」

クルマ屋さんのための「収益アップのヒント」

自動車業界では新規のお客様の集客が困難になっている近年、自社のお客さまの離脱を防止することが、これからの自動車業界で生き残るための最重要テーマです。

そして、お客様が車を乗り換えるタイミングは、販売店や整備工場にとって最大の「販売の好機」であり、反対に「顧客離脱の危機」でもあります。この代替案件をいかにキャッチできるかで販売台数だけでなく企業経営そのものが大きく変わりますが、多くの店舗が課題としているようです。

さて、基盤のお客様の乗り換えを獲得するために、「車を売ってください」という買取のアプローチが有効なことをご存じでしょうか?
https://cass.cb-lab.co.jp/column/management/car_column12.php